Articles, Blog

はんだごてでほつれ止めしながら布を切ってみました

October 23, 2019


はんだごてで布を切ってみたよ2 チャイナ生地とか切った端からほつれる生地。 ドール服のような縫い代が狭く厚みを増やしたくないデザインに便利です。 サテンのように薄い生地場合。 紙には貼ってはがせるタイプのスプレーを吹きかけておくと良いです。 化学繊維は天然繊維や紙と違い熱で溶ける性質があります。 はんだごてを使い、型紙の縁をなぞるだけでほつれをとめながら裁断することが出来ます。 アセテートや絹など石油由来のものではない場合。
溶けないので上手く切れません。
天然由来の繊維は焦げるだけです。 これは普通のはんだごての先ですが布向きのナイフ状のものもあります。 一度で切れなかった場合。
再度なぞることで切る事ができます。 化学繊維が溶ける温度が240度位。
紙の発火温度は400度位です。
なので、これくらいのスピードだと型紙が焦げる事無く作業できます。 はがす時に下の紙や枠にくっついたりしているので破らないように気を付けてはがして下さい。 繰り返しますが、熱に溶ける化学繊維のみ使えます。
綿麻絹などは焦げるだけで使えないので注意

4 Comments

  • Reply うさこ洋裁工房 December 8, 2014 at 8:59 am

    ドールの縫い方ページ用にはんだごてでの布のカットの動画をまとめなおしてみました
    着々と作り方の個別ページに動画が増えてます
    意味がわから~んと投げ捨てて挫折する人が減るといいな
    はんだごてでほつれ止めしながら布を切ってみました: http://youtu.be/OYmBZdPu4CA

  • Reply ゆきゆき September 10, 2017 at 10:28 pm

    ジョーゼットやシフォンも切れますか?
    シフォンは絹じゃないやつならば。

  • Reply ピーチモモンももんも April 4, 2019 at 4:07 pm

    綿生地の時はどうすればいいんですか?

  • Reply 。小鳥遊 September 18, 2019 at 3:26 am

    アムンゼンは焦げるんでしょうか…
    オーガンジーやチュールは溶ける気がする…

  • Leave a Reply